会津の鬼クルミとは

鬼クルミの特徴


貴重な純国産クルミ

近年スーパーフードとして消費ニーズが拡大しているクルミは、国内の流通量の95%は輸入品であり、海外の品種です。残り5%の国産クルミも、ほとんどが外来種から品種改良されたシナノグルミという品種になります。

これに対し、鬼グルミは日本固有の古来種で、市場流通は1%以下。幻ともいえる貴重なクルミなのです。これまで、栽培の難しさから収穫量が安定しにくいこと、殻が硬く加工時にロスが生じやすいことから、会津以外の地域ではほとんど生産加工されてきませんでした。

栄養価が高くフルーツのような香りが特徴

会津の山里に実る鬼グルミは、健康づくりに欠かせない必須脂肪酸であるオメガ脂肪酸(3系・6系)の含有率が極めて高い品種です。 また、一般に流通している洋クルミより渋味や苦味が少なく、フルーツのような良い香りを持つのも特徴です。

会津鬼クルミを取り巻く環境


江戸時代からの名産品

四方山に囲まれた盆地ならではの気候条件から、会津地方には昔から質の高い鬼クルミが豊富に自生していました。

江戸時代には、藩の名産品として、若松城下の名物番付表「会津五副対」にも、会津の5大名産として名を連ねています。 クルミは会津の伝統産業となり、昭和30年代頃は、会津若松市内にクルミ屋が十数社存在していました。

担い手不足・技術継承の危機

中身を傷つけずに殻を割る「鬼クルミの殻割製法」は会津独自の技術です。恵まれた気候条件と、この独自の技術が会津のクルミ産業を支えてきました。

しかし近年、担い手の後継者不足が深刻化していいます。高齢化による採り子(自生するクルミを収穫する人)の減少に加え、「鬼クルミの殻割製法」を継承するクルミ屋は会津に2軒が残るのみとなっています。

会津の貴重な地域資源が失われてしまう前に、この伝統を次の世代へ継承するための活動が必要になっています。

クルミギャラリー